自賠責保険の場合

交通事故において、事故当事者の双方に過失がある場合の損害賠償額は、加害者側と被害者側の過失割合を出した後に、損害賠償額から過失分が相殺されて決定します。過失割合に基づく過失相殺は、民間の自動車保険の場合は過失割合の数値通りに損害賠償額から相殺が行われますが、自賠責保険(強制保険)の場合は交通事故の被害者を保護するための制度である性格上、民間の自動車保険とは過失相殺の方法が異なります。
強制保険の場合においても、過失割合を出してから損害賠償額を確定させる手順は一緒です。しかし、強制保険では被害者側に重過失が無い限り過失相殺は行われない仕組みになっており、過失相殺が行われるケースでも減額分は民間の自動車保険より大幅に低くなっています。
強制保険では、被害者側の被害の程度に関係なく、過失が7割未満であれば保険金は全額支払われます。被害者が死亡したり、後遺障害がある場合は、被害者の過失が7割以上8割未満の場合は2割に相当する金額、8割以上9割未満の場合は3割に相当する金額、9割以上の場合は5割に相当する金額が減らされます。一方、被害が傷害程度だった場合は、被害者の過失が7割以上であれば、保険金が2割減額されます。

コメントは受け付けていません。