正確に行う為の必要事項

示談を検討したときに、これを正確に行う為には根拠のある言い分を用意しておきます。相手の発言を全て受け入れてしまえば、示談で有利になる可能性が低くなるからです。もしも自身に多くの過失が合った場合にも、発言するべきことを確実に伝えると過失相殺が実現することも考えられます。誰もが幸せになることを願っている人は、その心を大切にし続けることは素晴らしいものです。しかしながら、示談の場面では優しさが命取りになる場合もあることを念頭に置いておく必要があります。一例として、自身が追突事故を起こしてしまったと仮定したときのことを考えると、優しさを捨てることが必要であると理解可能です。追突してしまった方の過失割合が大きくなりがちですが、ここで相手方が事故の直前に急ブレーキをしてしまったことが証明できれば、過失相殺が期待できます。何も言わず、黙って相手方の意見に耳を傾けているばかりですと、確たる証拠があるにも関わらず全ての責任を負ってしまうことになるかもしれません。そうなっては、見舞金や車の修理費用などを自分が多く負担しなければならなくなることが推測されます。事故発生後に不利益を被らないために、心を強く持つことも重要です。

コメントは受け付けていません。