高速道路上の場合

高速道路上の場合、過失割合を決定付けるときに最も有効なのは、的確な事故証言です。当時の路面状況はどうだったのか、対向車線には走行の妨げになるものはなかったのかなど、不要と思える情報でも全てを的確に伝えます。事故を起こしたときには心理状態が安定していないことがしばしばですが、第三者の視点から何があったのかを話すのです。過失割合が自分にとって有利になるようにするためには、ありのままを包み隠さず報告することも有効です。たとえ自身にとって不都合なことでも、相手方に言われる前に表現します。正直に話しながら、実は相手方に非があったことが明らかになるかもしれません。そうなれば、過失割合の決定が有利になるというわけです。そうでなくても、警察官へ嘘をつくよりも事実を淡々と伝えた方が印象が良くなる可能性があります。あまりにも驚いたことがきっかけで、黙り込んでしまっては不利になるばかりです。相手方が本当ではないことを証言するかもしれません。猛スピードを出していたにもかかわらず、あたかも善良なドライバーとして振舞っていたように証言することがあるというわけです。それを防ぐためにも、的確な事故証言が大切なのです。

コメントは受け付けていません。